悪い業者

2011年01月12日 | ニュース

産経新聞より

埼玉県警によると、アーバンエステートの元会長(61)らは破綻を認識しながら、「希望通りに家を建てます」などと虚偽の説明をし、請負代金の一部約1600万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれている。

 同社は平成21年4月に自己破産。首都圏を中心に住宅約500棟が未着工や未完成のままだ。

 注文住宅をめぐっては、同年3月、富士ハウス(本社・浜松市)が自己破産。アーバン社同様、代金の多くを支払ったのに未着工となるケースが相次ぎ、問題となった。

 国民生活センターによると、新築住宅(建て売り)をめぐるトラブルは、17年度にここ10年で最多の3063件を数え、その後も2千件を超える件数で推移している。今年度も今月6日までに1597件の相談があり、昨年同期(1412件)を上回っている。

 「新築建売住宅を購入したが、引き渡し時期を1カ月過ぎても完成しない」(甲信越地方の20代女性)▽「昨年9月に完成予定だったが、施工ミスで12月に延びた。その後、再度ミスが見つかり再延期になったが、ローン返済は予定通り始まる。どうすればよいか」(山陽地方の男性)-など、引き渡しをめぐる相談も多い。ある建設業者は「施工中に業者が夜逃げしてしまうなどのトラブルは相当数ある」と打ち明ける。

※産経新聞より引用

全くひどい話だ。


同業者として、恥ずかしいったらありゃしない。

こうゆう一握りの『悪徳業者』のせいで、

真面目に誠実に取り組む業者も疑られ、

法律が変えられたり、本来掛けなくてもいい

保険に入ったりするユーザーさんもいらしゃる。

 

住宅を購入する、または、新築工事を依頼する業者は

本当に信頼できる会社か否かを見極める方法は

いくつか挙げられるが、いずれにしても

『ウマイ話しは無い!』と言う事。


大幅な値引きや、好条件の裏には何かあるかもしれませんよ。


『楽しい家造り!』は、選ぶ側の目利きも重要です。

 

ペタしてね

☆悪党は 最後は金さんに 裁かれる!!(^▽^;)ジアマリ

↓↓↓応援クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ  (´д`lll)
↓↓↓コチラもクリックお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村

 


コメントはお気軽にどうぞ

「コメントを送信する」ボタンを押して送信します。
コメントは管理者が承認してから表示されます。



  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK