住宅ローン金利が下がる??

2014年08月16日 | ニュース

今朝の、日本経済新聞から引用


『日米欧、金利低下が連鎖 

潜在成長力に懸念』


日米欧の先進国で長期金利の低下が

連鎖している。ドイツで初めて1%を

割り込んだのに続き、15日には日本で

一時1年4カ月ぶりに0.5%を下回った。

先進国の経済成長力が弱まる懸念から

「金融緩和策に頼らざるを得ない」との

見方が強まっている。

中央銀行の緩和で投資マネーが国債や

株式に流入し、国債価格上昇(金利低下)と

株高を同時に招く構図だ。

 

~以上、日経新聞より~


長期金利が下がると、住宅ローンの金利も

下がり、借りやすくなる一方で、預金金利や

国債の金利等にも影響を及ぼす。


日本経済においては、必ずしも良いことばかりでは

ありませんが、住宅ローンを借りる方にとっては

良い事なのかもしれません。


また、高い金利で住宅ローンを組んでいる方は

借り換えへの絶好のチャンス。


是非、金融機関にご相談下さい。


☆金利下げ ボクの預金も 目減りする!!(^_^;)

クリック応援お願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ





  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK