住まいのコラム
COLUMN

子どものおもちゃの片づけがうまくいく、たった1つのコツと収納

片づけても片づけてもきりがない子どものおもちゃ。もっと簡単に、子どもがひとりでも片づけられたらいいなと思いませんか?
子どもが小さいうちは、ママの目が届くリビングで遊ぶことも多いでしょう。しかし、リビングにはおもちゃが散乱し、モノを置く場所もない。これでは家族が落ち着いてゆっくりくつろぐこともできませんよね。今回は、そんな散らかりがちなおもちゃが簡単に片づいて、子どもがひとりでも片づけがしやすくなる収納方法をご紹介します。

1. そもそもどうして片づかないの?

片づかない原因のひとつは、おもちゃが多すぎるという事。
子どもが小さいうちは、祖父母からおもちゃをプレゼントされる機会も多く、目新しいおもちゃがあると、親としてもついつい買ってしまいますよね!
しかし、子どものおもちゃは数が多ければよいというものではありません。
まずは、シンプルで飽きの来ないおもちゃをいくつか厳選してみましょう。

次に、片づけの声掛けにもコツがあります。
子どもについつい「片づけなさい!」と言ってしまうこと、多くありませんか?
しかし、子どもは怒られてばかりいると、「片づけ=嫌なこと」というイメージが定着してしまいます。
ではどうすれば、子どもが率先しておもちゃを片づけてくれるのでしょうか?
そのポイントは、“片づけも遊びである”という事を、伝えてあげる事です。
「片づける」は、「お家に帰る」に言い換えます。
おもちゃをお家に帰すまでが遊びです。
つまり、おもちゃにもお家を作ってあげることが必要となります。

2. おもちゃにもお家を作ってあげる

おもちゃを厳選したら、それぞれのおもちゃに“帰るお家”を作ってあげます。
お家に適しているのはボックスです。

100円ショップのプラスチックのカゴや、ホームセンターの収納ボックスを使います。
それでは、お家を作る手順を説明します。

2-1. おもちゃを分類する

まずは、おもちゃを分類します。
積み木、ミニカー、おままごと、お人形といったアイテムごとで分ける、または一緒に遊ぶ仲間どうしで分けます。
一緒に遊ぶ仲間どうしというのは、いわゆる“ごっこ遊び”です。
子どもは、お店屋さんごっこ、家族ごっこ、お医者さんごっこなど、いろんなおもちゃを混ぜて遊びますよね。
それを“ごっこ遊びで使うおもちゃ”ごとにひとつのカゴにまとめます。
さらに、マイブームのおもちゃボックスを作ってあげると、子どもはとても喜んでくれます。
ここでは、親だけで決めるのではなく、子どもと一緒に分類することが大切です。

2-2. おもちゃを入れるボックスを選ぶ

入れるおもちゃが決まったら、それに合った大きさのボックスを選びます。
たいていのものは100円ショップのカゴに収まりますが、ぬいぐるみや大きなおもちゃは、ホームセンターの布製の収納ボックスがとても使いやすくおススメです。
子どもが自分で片づける為には、大きすぎず、重すぎず、持ち手があることがポイントです。
大・中・小の使いやすいボックスが決まったら、同じデザインのものをいくつか揃えるのもおススメです。
収納ボックスのデザインを揃えることで、収納スペースが決めやすくなり、見た目にも統一感が出ます。
メインで使う収納ボックスの大きさに迷ったときは、中ぐらいのボックスがほどよく使いやすいためオススメです。

2-3. 収納ボックスにラベルを貼る

収納ボックスに入れるおもちゃが決まったら、必ずボックスに“ラベル”を貼ります。
まだ字が読めない小さな子どもには、中身のイラストや写真をボックスに貼ってあげると、“おもちゃと同じラベルのボックスに戻すだけ”でおもちゃが片づくのでオススメです。
また、セロハンテープよりマスキングテープで貼ると跡が残りません。

ラベルは色々な種類がありますが、オススメは100円ショップのはがせるタックシールです。はがせるタックシールを使うと、収納ボックスの中身が変わったときでもキレイにはがせるので、おもちゃの入れ替えも楽になります。

布製の収納ボックスには、少し強力な両面テープを使うと、貼付けた写真が剥がれづらくなるのでオススメです。
はがきサイズのソフトケースなら、写真を入れることもできます。

3. おもちゃの収納エリアを決める

最後は、おもちゃの住所を決めます。
おもちゃの置き場所を、お部屋のあちらこちらに分散せずに、おもちゃエリアを設けるという事です。
リビングであれば、キッチンからママの目の届く場所におもちゃエリアを設けます。

次に、収納家具についてです。
子どもの場合は低重心です。
子どもが自分で出し入れできるように、背の低い収納家具、または、背の低いものがなければ、棚の下段だけを使うようにします。
おもちゃ専用家具よりもカラーボックスやラックなど、後々ほかの用途に応用できる収納家具を選ぶと、子どもが大きくなっても無駄になりません。

おもちゃの配置は、大きい置き型おもちゃやドールハウスなどは収納家具に“直置き”です。
置き場所を示す印やラベルを収納家具にじかに貼ってあげると、小さい子どもでも戻しやすくなります。
カゴや収納ボックスに入れたおもちゃで、大きいもの、重たいものは収納家具の下段に入れましょう。
絵本も下段が取り出しやすいですよ。

4. まとめ

今回は、子どものおもちゃ収納について紹介しました。
紹介したものを参考に、ご自身に合った収納方法を見つけてみてはいかがでしょうか?
最後に、子どもは親に褒められるのが嬉しくてたまりません。
まずは片づけにチャレンジしたことを褒めてあげてください。
そして、ぜひ子どもと一緒に片づけを楽しんでほしいと思います。
きっと、子どもの成長を身近で感じられる素敵な時間になりますよ。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE