住まいのコラム
COLUMN

忙しい主婦必見!スッキリ使いやすいキッチン収納の3つのコツ

食器や調理器具などアイテムが多く収納が難しい“キッチン”。「忙しいとどうしてもごちゃごちゃになってしまう。」
「食器が出し入れしにくくイライラする。」
「モノが溢れて置き場所が定まらない。」といった声をよく耳にします。キッチンアイテムは細かいものが多いからこそ、探しやすく取り出しやすい収納にしたいものです。今回は、キッチン周りや食器がスッキリと使いやすくなる収納のコツをご紹介します。

1. 1軍アイテムはいちばん使いやすい場所へ収納する

みなさんのキッチンの引き出しには何が入っていますか?
しゃもじやお玉は何個ありますか?
たくさんのキッチンアイテムを持っていても、毎日使っているアイテムは意外と限られているものです。
その“毎日使うアイテム”こそが、まさに“1軍アイテム”なのです。
まずは“1軍アイテム”を、キッチンのいちばん使いやすい場所へ収めてみましょう。
使いやすい場所とは、引き出しなら1段目、棚なら腰から肩の高さです。
コンロ周りに吊り下げるものも“1軍アイテム”です。
これだけで、使い勝手が格段にアップします。
“1軍アイテム”が収まったら、次に2軍、3軍も決めてみましょう。
“2軍アイテム”はたまに使うモノ、“3軍アイテム”は季節や特別な時に使うモノです。
2軍アイテムを収める場所は、引き出しなら2段目から下へ、棚なら腰から下または肩から上へ収めます。
3軍アイテムは、2軍アイテムのさらに下の引き出しや上の棚、吊り戸棚へ収めます。

2. 使う場所に使うモノを置けばストレスフリー

使いやすい場所を決めるときは、高さのほかに“どこで使うか”も合わせて考えてみます。
実際に料理をする場面を思い浮かべてみてください。
炒め物ならガスコンロで調理しますし、野菜を洗うときはシンクで洗います。
つまり、フライパンはガスコンロの下、ざるやボウルはシンク下が使う場所です。
このように、火の周りには加熱調理に使うモノ、作業台の周りには作業や保存に使うモノ、
水周りには下ごしらえや食器洗いに使うモノなど、家事の流れに合わせてみてください。
大きさや形で収納場所を決めるよりも、“どこで使うか”によって収納した方が、無駄な動きがなく時短につながりますよ。

3. 100円アイテム大活用!おススメ収納アイディア7選

アイテム数が多いキッチン周りは、カゴやトレーを使った収納がおススメです。
カゴやトレーを使うと、“アイテムごと”にしっかり分類できるので、使うモノが見つかりやすく、在庫の管理もしやすくなります。
最近の100円ショップのカゴやトレーはサイズ展開が豊富です。
入れるものに合わせてカゴやトレーを選ぶと良いですね。

(1)シンク下の引き出しには、ざるやボウル、小鍋などを入れます。
ざるやボウルは重ねてしまいがちですが、プラスチック製のカゴに入れることで取り出しやすくなります。
また、ふきんやスポンジ、ゴミ袋などの消耗品はアイテムごとにプラスチック製のカゴに収めます。

(2)引き出しの小物収納には、浅めのトレーを使います。
可動式の仕切りがついていると、細かいモノの分類に役立ちます。

(3)フライパンや蓋は書類用のボックスを使い立てて収納します。
立てることによりワンアクションで取り出せます。

(4)吊り戸棚など高い場所には、取っ手付きのカゴを使えばラクに出し入れできます。
そのほか、食器の収納にもおすすめの収納グッズがあります。

(5)奥行きのある食器棚は、持ち手のあるトレーを使って“奥並べ”にし、一気に引き出して使うようにします。
奥のモノもストレスなく取り出せますね。

(6)ついつい重ねがちなお皿は、コの字ラックを入れて2段に分けて収納します。

(7)毎日、家族が使うごはん茶碗は炊飯器の近くに置くと時短になります。

4. まとめ

いかがでしたか?
使う頻度や使う場所を意識するだけで、キッチンはもっと快適になります。
また、モノの定位置を決めることで、家族それぞれが自分で出し入れできるようになります。
主婦にとってキッチンはホームグラウンド、毎日過ごす場所だからこそ、気持ちよく過ごしたいものですよね。
ご紹介した収納のコツを取り入れて、快適キッチンを手に入れてみませんか?

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE