住まいのコラム
COLUMN

時短と節約につながる!冷蔵庫整理3つのコツ

私たちの食生活に欠かせない“冷蔵庫”。今や冷蔵庫は食材の保冷のみならず、収納庫としての役割りも果たしています。働く主婦が増えたことや高齢化などを背景に、冷蔵庫は大容量が一般的になってきました。たくさんの食材をストックできるのはとてもありがたいことですが、その反面、「食材が多すぎて探せない。」「うっかり同じ食材を二重買いしてしまった。」「食材を使いきれず腐らせてしまった。」という、もったいない経験をする方もいると思います。冷蔵庫の中を整理すると、そのような“もったいない”が減るばかりではなく、時短や節約にも繋がることをご存知ですか?今回は、時短と節約につながる冷蔵庫整理の3つのコツをお伝えします。

1. 冷蔵室は指定席を設けてスッキリ&買いすぎ防止

買ってきた食材を冷蔵庫に適当に入れると、冷蔵庫内がゴチャゴチャになってしまい、いざ食材を使いたいときに「あれ、どこにしまったかな?」と分からなくなることがありますよね。
また、食材を適当に入れることで、その食材の存在を忘れ腐らせてしまうと、食材だけではなくお金まで無駄にすることになります。
そうならないために、まずは食材に指定席を設けてあげましょう。

1-1. トレーを使って指定席を決める

食材の指定席の決め方は、以下のようにまとめるのがオススメです。

  • 「納豆・豆腐類」…納豆、お豆腐、揚げなど豆類でまとめる。
  • 「こんにゃく・練り物」…こんにゃく、白滝、ちくわ、天かまなど練り物でまとめる。
  • 「ごはんのおともセット」…味海苔、ふりかけ、のり佃煮、梅干し、鮭フレークなどでまとめる。
  • 「パン食セット」…バター、マーガリン、ジャム、チーズなどパンに塗る食材でまとめる。

「ごはんのおともセット」や「パン食セット」などをトレーごと食卓に出せば、朝の忙しい時間帯でもスムーズに朝食をとることができます。

食材を収めるトレーのオススメは、半透明で持ち手のついたトレーです。
中身が確認しやすく、奥の食材も一度にサッと取り出せて時短になります。
また、トレーごと取り出せるので掃除が簡単で衛生的です。

小袋の醤油やわさびなどは、引き出しの中に小さいトレーを入れてスッキリしましょう。

冷蔵庫の一番下の段は、カレーやシチューなどの鍋や、残ったおかずを入れるためにスペースを開けておきましょう。
食材の指定席を決めることは、定番の食材が明確になり、無駄な食材を買わないという経済的な効果があるほか、ごはんのメニューを決めやすいというメリットもあります。

1-2. ドアポケットは取り出しやすい工夫を

調味料は種類が豊富で、ついついたくさん買い揃えたくなりますよね。
調味料も場所を決めずに適当に入れると、チューブなどの小さいものは冷蔵庫内で迷子になってしまいます。
チューブ類は、ドアポケットにチューブホルダーを取り付ける、またはダブルクリップで留めると取り出しやすく迷子になりませんよ。

2. 野菜室は紙袋でざっくり収納

野菜の形は、丸い、細長い、大きいなど様々です。
野菜室にキチキチに収納カゴを入れてしまうと収納力が落ちてしまう事もあります。
そんな不揃いな形の野菜には、“紙袋”を使った収納がオススメです。
ジャガイモのように丸くてかさばる野菜、キャベツのように大きい野菜も、紙袋なら形状を邪魔しないのでスッキリと収まります。
また、野菜くずや土が落ちても紙袋ごと捨てれば庫内も汚れません。
細長い形のゴボウや長ネギなどは、牛乳パックや根菜用の縦長の仕切りカゴを利用して立てて収納しましょう。
野菜とはちょっと話が違いますが、お好み焼き粉やホットケーキミックスなどのミックス粉も冷蔵保存が良いと言われています。
開封後のミックス粉は“コナヒョウダニ”というダニが発生しやくなります。
また、コナヒョウダニの繁殖した粉製品の料理を食べると、アレルギーを引き起こすことがあるので注意が必要です。

なお、コナヒョウダニは低温では繁殖しませんので、開封後のミックス粉は、密閉容器に入れて冷蔵保存します。
冷蔵室がすでにいっぱいという方は、野菜室に収納しても良いでしょう。

3. 冷凍庫の食材は立てて並べる

冷蔵庫は食材をぎっしり詰めすぎると、冷気の通り道が塞がれて電気代がかかりますが、冷凍室はぎっしりと食材を詰めた方が、凍った食材が保冷剤代わりになるため電気代の節約になります。
かといって、上からどんどん重ねて収納すると、奥や底の食材を使い忘れて、「気が付くと冷凍焼けしていた。」という事も。
食材の使い忘れを防ぐ為にも、冷凍庫の食材は大きさの揃ったジッパー袋や薄型のタッパーに移し替えて、立てて収納しましょう。
このひと手間で食材が取り出しやすくなり、調理のしやすさと時短へも繋がります。
何が入っているか一目でわかるように、上から見える部分に中身を書いたラベルやマスキングテープを貼り付けるのもオススメです。
また、100円ショップの仕切り板を使って冷凍庫内のスペースを仕切り、お肉、お魚、野菜、お弁当食材というように、置き場所を決めておくのも良いでしょう。
食材を収納するときは、賞味期限の近い食材は手前へ、賞味期限の長い食材は後ろ側に収めるようにすると、古い食材から消費するようなサイクルになります。

4. まとめ

どんなに忙しくても、主婦は毎日食事の準備をしなければなりません。
冷蔵庫内が整理されていなければ、食事の準備にも時間がかかってしまいます。
しかし、冷蔵庫の整理収納術を知っていれば、今よりもずっと短時間で、楽しく料理をすることができると思います。
時短で節約にも繋がる“冷蔵庫整理”をぜひ試してみてください。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE