住まいのコラム
COLUMN

二世帯(多世帯)住宅3つのメリットと注意するポイント

「両親の近くで子育てをしたい」「同じ敷地内に両親が住んでいると安心できる」などの理由で、二世帯住宅を検討されている方もいらっしゃると思います。普段耳にする機会も多い二世帯住宅という住まいの形には、多くのメリットがある一方で、事前に家族で相談しておいた方が安心なポイントもあります。今回は二世帯を含む、多世帯住宅の住まいで得られる3つのメリットと、購入を決断する前に確認しておきたいポイントについてご紹介します。

1. 二世帯住宅ってどんな住まい?

二世帯住宅は2つの家族が、多世代住宅は3つ以上の家族が同じ屋根の下に暮らす住まいを言います。“ご夫婦と親御さん”という組み合わせの二世帯住宅が最も一般的ですが、“祖父母世帯と一緒に暮らす”場合や、“ご夫婦+親御さん+義兄弟夫婦”でひとつの家に住む三世帯住宅など、様々な暮らしの多世帯住宅があります。

そこに暮らす家族の構成と同様に、住宅そのもののつくりもバリエーション豊か。玄関や水回り設備の数、部屋の配置などもその家族の生活に最も合った形に計画します。建築プランを決定する打ち合わせの段階からしっかりとした話し合いを持ち、家族みんなが納得できる家づくりを進めることが大切です。

2. 二世帯住宅のメリットとは?

多世帯住宅にはたくさんの便利・安心があります。ここでは最も一般的な、二世帯住宅を例にご紹介していきます。

2-1. 資金面のうれしいメリット

2世帯以上の住宅を検討する際、経済的な条件は大きな懸案事項です。子育て中のご夫婦にとっては、子どもにかけるお金がこれから増えていくだろうと予想される時期とマイホームの購入が重なることも多く、その負担は悩ましいもの。もともと親御さんが住んでいた場所に二世帯住宅を新築することで土地代がかからず、予算削減が可能になります。また親御さん側も「年数が経ち古くなってきた自宅をそろそろ直さないと」と考えつつ、きっかけが無く迷っているという場合があり、新築するよりも安いコストで済むという経済的な利点が、建て替えの決断へ背中を押すこともあります。

2-2. 子育てへのサポート

以前よりも共働きの家庭が増えた今、親御さんの育児参加が子育て世代のご夫婦の力強い支えとなっている場合も多くみられます。二世帯住宅の暮らしであれば、子どもを送り迎えする手間が無く親御さんに預けやすいという点や、子育ての大先輩でもある親御さんに育児や生活の相談を気軽にできる点など、パパ・ママとして忙しい日常を送るご夫婦に心強いメリットがあります。

2-3. 安心のある暮らし

同じ家の中で高齢の親御さんが生活しているという状況は、親御さんの体調が心配なご夫婦にとっても安心感を得られるもの。歳を重ねる中で当然のこととして、生活の中での事故や突然の病気などに不安を感じることも多くなります。親御さんに万が一の事態が起きた際にも、ご夫婦がすぐ駆けつけることができる距離での暮らしはとても心強いですよね。

3. 二世帯住宅を建てる前に!注意したいこと

たくさんのメリットをもたらしてくれる二世帯住宅ですが、永く充実した暮らしをしていくために、建てる前にこそ確認しておきたいポイントがあります。

3-1. 生活習慣・相続への配慮

家族とはいえそれまで別々の暮らしをしていた世帯がひとつの家で暮らすことは、それぞれにとって大きな変化です。ご夫婦と親御さんでは互いの生活時間帯が違うことが多く、それによって足音・水音などの生活音が気になったり、それぞれのプライバシーが気になってしまう…というのは起こりうること。ただこの場合、家のつくりや間取りの工夫によって問題が解決する場合も多いので、事前に問題点をしっかり話しあっておくことが大切です。

また、親御さんに同居する子ども以外の家族がいる場合は、あらかじめ相続についての話し合いをしておくことも大切です。それぞれの家族にも当然親の遺産を相続する権利があるため、家以外の資産や現金についてはこの家族に…と事前に決めておくなど、家族みんなが納得できる形をつくっておくことが後々のトラブル予防となります。

3-2. あとから「こうしたかった!」が無いように

「さぁ二世帯住宅でマイホームを建てるぞ!」そう決断してからは、間取りやお金の他にも様々な決めごとを話し合わなければなりません。二世帯住宅ではご夫婦と親御さんが一緒にひとつの住まいをつくり上げていくため、家づくり計画の打ち合わせの中で、お互いについ遠慮してしまう、ということも起こり得ます。特に義理の親御さんと同居するお婿さんやお嫁さんからは「本当はこうしたかった!が、言い出せなかった…」という声が住宅完成後になって聞こえることがあります。二世帯住宅での暮らしを始めたあとのトラブルやストレスを避けるために最も必要なのは、カウンセリングでの丁寧な話し合いです。

    【話し合い(カウンセリング)のポイント】

  • 二世帯でどのような暮らしをしていきたいのか
  • 間取りについて各世帯の希望
  • どんな設備が欲しいのか
  • 予算や負担の割合などを決める
  • ※住宅会社の担当者に仲介に入ってもらい、ご夫婦、親御さんそれぞれのカウンセリングを行うことをオススメします。

話し合いは、満足のいく住まいを見つけるための重要なポイントです。またこの点をクリアしていくためにも、豊かな経験と細やかな気配りのある会社に住宅を発注するということも重要な要素です。

4. まとめ

二世帯住宅での温かな暮らしは、ご夫婦と親御さんそれぞれの家族だけの生活では得られないメリットと生活の豊かさをもたらしてくれます。より良い住まいをつくる為にも、計画段階からのカウンセリングを大切にし、家族全員にとっての夢のマイホームを実現させたいですね。ぜひ一度、親御さんを交えて「理想の住まい」について話し合ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE