住まいのコラム
COLUMN

プロが教える「いい土地」の探し方と注意点

家づくりには、土地探しが重要となります。土地は新しい住まいの基盤となるため、「できるだけいい土地を見つけたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか。特に、初めての土地探しには不安がつきものです。今回は、これから家を建てる方に知ってほしい「いい土地を探す方法」をご紹介します。

1. 自分たちに合った「いい土地」を探すには

新築の一戸建てを検討する誰もが「いい土地に巡り会いたい!」と考えていらっしゃると思います。しかし、「いい土地」とは一体どのようなものなのでしょうか?

1-1. そもそも「いい土地」の条件とは?

「南向きで日当たりが良く、駅も近くて買い物にも便利、でも予算内におさめたい」という方は多いかもしれません。
しかし、その条件で希望に合う土地を探すことは大変難しいと思います。
また、一口に「いい土地」といっても、重視するポイントは各家庭でさまざまです。

  • 日当たり
  • 土地の大きさや予算
  • 交通アクセスやショッピングなどの利便性
  • 治安や周辺環境
  • 校区
  • 実家が近い
  • 土地勘がある

もちろん、希望の条件をすべて満たす土地が見つかるに越したことはありませんが、不動産価値が高い場合は価格も高いことが多いため、予算をオーバーしてしまう可能性があります。
そのため、まずはご家族で希望をよく話し合い、「自分たちが重視するのは何か」という優先順位をつけてみましょう。
それこそが、「いい土地」を手に入れるための近道となります。

1-2. 自分たちに合った土地の探し方

いざ土地を探そうと思っても、「まずは何から始めるべき?」と戸惑う方は多いかもしれません。そんな時は、土地の情報を集めることから始めましょう。
最近はインターネットで土地を検索することもできますが、あちこちに情報が出回って最終的に売れ残った土地が掲載されている場合もあるため、「いい土地」を探すことは難しいかもしれません。地域に根ざした不動産会社や工務店は、昔から土地を所有している地主や最近空いた家の有無など、多くの土地情報を持っている可能性があります。
ただし、直接自分たちだけで不動産会社に行く場合には注意が必要です。
不動産会社は土地の売買を専門としていますが、家のプランニングまではサポートしていないことが多く、例えば紹介された土地にどんな家が建てられるかを自分たちで判断することは難しいと思います。
そのため、ハウスメーカーや工務店あるいは建築設計事務所など、家を建てるプロと一緒に土地を探すと安心です。
また、土地と家をセットで検討することによってトータルの見積もりを立てることができるため、かかる費用のバランスをチェックしたり、資金計画も立てやすくなります。

2. 「いい土地」に出会うためにおさえておきたい3 つのポイント

次に、実際にサンオーホームが土地を探しているお客様におすすめしている「土地を購入する際のポイント」をご紹介します。

2-1. 住みたい地域を絞り込む

理想の家づくりの第一歩は「どこに住むのか」を決めることです。
「駅から10分以内ならどこでもいい」という条件では範囲を絞り込めず、逆に土地がなかなか見つからないという可能性があります。
例えば、「西区とだけは決めている」という方もいらっしゃいますが、地域によって価格や特徴は異なるため、住みたい地域まで絞ることをおすすめしています。
そうすることで「その地域に住みたい理由」や「優先する理由」が明確になるため、ハウスメーカーや工務店、不動産会社などに土地探しを依頼する場合にもスムーズです。
希望する地域で土地が見つからない場合には範囲を広げるようにし、まずは地域を絞り込むとよいでしょう。

2-2. 実際に自分の足で歩いて確認する

希望の地域を絞り込んだら、実際にくまなく歩いて確認してみましょう。
地図が頭に入るくらい、自分の目でじっくりとその地域を見ることをおすすめします。
実際に歩くことで、その地域の長所や短所のほか、周りにどんな家が建っているか、住民の世代や世帯の構成など地域性が見えてきます。
また、人気の高い地域は土地がなかなか見つからないことが多いものですが、歩いているうちに情報がまだ出回っていないような空き家や空き地などが見つかる可能性もあります。

2-3. 意思決定はスピーディーに

特に人気の高い地域では、土地情報が出た直後に売れてしまうことが少なくありません。
中には、「半日や二時間差で買えなかった」という場合もあるため、買うか買わないかの意思決定を早く行うことが重要です。
そのためにも、融資額や予算をよく検討しておくことや、土地を素早く判断する力を高めておくとよいでしょう。

3. プロが教える「いい土地」を選ぶコツ

いくら「スピーディーに意思決定したい!」と思っていても、土地の購入には慎重になるものです。土地選びで後悔しないために、「いい土地」見極めるコツをご紹介します。

3-1. たくさん土地を見て目を肥やす

「いい土地」かどうかを判断するために、まずは土地を見る目を肥やすことが重要です。
「ただ見るだけでいいの?」と思われるかもしれませんが、多くの土地を見るうちに日当たりや面している道路など、その土地の長所や短所がわかるようになります。
また、目で見てわかる土地の形や高低差も大事なポイントです。
土地の形は、間取りなど建物のプランによってカバーできる場合もありますが、高低差が大きい場合には建築費が高くなる可能性があります。
ほかにも、隣接する家との境界線も忘れずにチェックしましょう。
塀が出っ張っていたり倒れていたり、木の枝が隣からはみ出ている場合は、その処理について契約時に明確にしておく必要があります。
隣家の代替わりなどで後々トラブルの元になることも考えられるため、解決しなければ契約しないという判断をするなど、注意が必要です。

3-2. プロはここを見る!地域の環境を見抜くコツ

例えば、治安や地域の環境を判断する上で、ゴミステーション(ゴミ捨て場)は重要なチェックポイントです。
汚れている場合には、アパートが密集しているなど管理が行き届いていなかったり、町内会がきちんと機能していない可能性があります。
そのほか、冬場の排雪状況から通勤や通学時などの道路の安全性も見えてきます。
このように、生活に関する細かなポイントを確認することで、その地域の環境を知ることができるのです。

3-3. 「住まい」を長い目で考える

賃貸と違い、マイホームは長く住むことが前提です。
今と30年後では年齢や家族構成なども変化することが考えられ、住宅に対するニーズも変わるため、「将来的に売りやすい・貸しやすい」というのが大きなポイントとなります。
実際に売ったり貸したりする必要はありませんが、不動産としての価値が高いことで選択肢が広がります。
「価格が安いし、今は若いから大丈夫」「建物にお金をかけたい」などの理由で、安易に不便な土地を買うよりも長い目で住まいを考えることが重要です。

3-4. 土地に「掘り出し物」は存在しない!

不動産には成約事例による相場があり、適正な価格がつけられているため、基本的に掘り出し物はありません。
もし、相場から極端に安い場合は何かの要因があると考えられます。
例えば、いくら土地の価格が安くても、地盤が弱ければ杭代だけで100万以上かかってしまうこともあります。
価格だけに左右されず、土地をしっかりと見極めることも大切です。

4. まとめ

今回は、マイホームに必要不可欠な土地選びについて、チェックしておきたいポイントや注意点などをご紹介しました。
希望はたくさんあるかもしれませんが、100%すべてを叶える土地を見つけることは非常に難しいです。
土地を見比べることで目を肥やしながら、「日当たりが良ければ多少道路が狭くてもOK」など、ご家族で優先順位をしっかりと話し合うことが重要です。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE