住まいのコラム
COLUMN

どちらが向いている?建売住宅と注文住宅

マイホームの購入を検討している方にとって最初の選択肢となる「建売住宅」と「注文住宅」。同じ戸建住宅でも、どちらがよいか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。
どちらがよいと思うかは、それぞれの考え方ですが、何を重視してマイホームを手に入れたいのか、一度考えてみる必要があるでしょう。そこで、今回は建売住宅と注文住宅を比較検証してみたいと思います。


1. 建売住宅と注文住宅の違い

まずは、建売住宅と注文住宅の違いについて紹介します。
新築一戸建てには建売住宅と注文住宅があります。
土地と建物をセットで購入するのが建売住宅、土地を購入してオーダーメイドの家を建てるのが注文住宅です。

建売住宅の場合
不動産会社が購入した土地に建てられた家を購入することになるため、土地を探す必要はありません。建物がすでに完成してから販売するケースもあれば、建築中の段階で販売を開始するケースもあります。
土地と家をセットで購入できるため、土地探しの手間も省けますし、分譲マンションのように、打ち合わせやローンの手続きも簡素化されています。
このことだけ考えてみると、最初から土地が付いてくる建売住宅の方が楽なイメージがあります。

注文住宅で家を建てる場合
土地を持っていなければ、まず土地も同時に探すことになります。土地を探して、建築を依頼する業者を決めて、そこからやっと間取りや内装などの打ち合わせに入ることになるので、それなりの時間と費用を覚悟しておかなければなりません。
しかし、希望の場所にあいている土地がないという問題も当然あるでしょう。
さまざまな面から考えて、どちらがよいのか検討する必要があるのです。

2. 建売住宅のメリットデメリット

最初に、建売住宅のメリットとデメリットをまとめてみました。

2-1. 建売住宅のメリット

  • 実物を確認できる
  • 資金計画が立てやすい
  • すぐに入居できる

マイホームを建てて一番避けたいのが「イメージと違った」という結果です。
その点、建売はすでに建物が完成している場合が多く、実際の家を見学することができます。住んでからの生活を想像しやすく、間取りだけでなく日当たりや騒音などもチェックできるでしょう。
予算の面においても建売は、土地代と建物代でいくらというように、最初から明確な金額が提示されています。注文住宅のように、選ぶ設備や材料しだいで金額が変わる、ということはないので、資金計画が立てやすいのです。
また、プランニングなどに時間と労力をかけずに、マイホームが手に入るのも大きなメリットです。住宅は既に完成しています。あとは引っ越しを済ませるだけなので、最初から住宅を建てるより時間をかけずに入居することができます。

2-2. 建売住宅のデメリット

  • 施工中チェックができない
  • 希望を満たす物件が見つからない
  • オリジナリティがない

建売住宅のデメリットは、施工中のチェックができないという点にあります。いわゆる「手抜き工事」が行われていないか、確認することができないので、あらかじめ、施工業者の信頼度を確かめておくなど、情報収集は大切です。
また、建売住宅は、ほとんどが同じような間取りのものばかりです。
間取りも広さも自分の希望どおりにできる注文住宅と違い、妥協しなければならない点が多くなるでしょう。一部、間取りの変更ができたりオプションで設備の取り換えができたりするケースはあるものの、自由に変えられるわけではありません。
そして、同じ分譲地内であれば、ほとんどの建物が同じ外観やデザインになり画一的な建物になりがちです。隣地とそっくりな建物が並ぶ場合があり、オリジナリティを発揮することは難しくなります。

3. 注文住宅のメリットデメリット

一方、注文住宅のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

3-1. 注文住宅のメリット

  • 自由度が高い
  • 住みたい場所に家を建てることができる
  • 施工状況を確認できる

注文住宅は、いわゆるオーダーメイドです。
ゼロから計画していくことになるため、すべてを自分の好きなように決めることができます。「リビングを吹き抜けにしたい」「広い庭がほしい」あらゆる要望に応えることができる自由度の高さが最大のメリットでしょう。
土地選びも含めて一からプランニングできるので、空間のレイアウトや外観のデザイン、キッチンや浴室の設備や照明など、自分たちのライフスタイルや趣味を反映することができます。
また、依頼先を選択できるので、ハウスメーカーや建築家、工務店などから自分の希望や好みに合ったパートナーを選ぶことができます。着工から完成まで、施工の過程を自分の目で確認できるという安心感もあります。

3-2. 注文住宅のデメリット

  • 入居までに時間がかかる
  • 労力がかかる
  • 完成するまで実物を見ることができない

注文住宅の自由度の高さはメリットでもあり、デメリットでもあります。
間取りやデザインにこだわればこだわるほど、打ち合わせや工事に時間がかかります。
「自分が建てた家」という満足感や充実感は得られますが、設計や見積もりの段階において建売住宅とは比べものにならないほど多くの時間を割かれます。
自由度が高い分、自分で決めなければならない要素もたくさんあります。コンセントの位置や内装材の色、水栓の種類など、細かいことを一つひとつ決めていく作業には、根気と労力が求められます。
また、一から建て始めるため、実際の住まいを事前に確認できないのも不安要素です。どれだけ自分の中でマイホームの完成図ができあがっていても、いざ建ってみると「イメージと違った」ということになる可能性はあります。理想通りの家を建てるには、しっかりとした下準備と心構えが必要となるでしょう。

4. まとめ

今回は、建売住宅と注文住宅のメリットデメリットについて紹介しました。
メリットは、裏返せばそのままデメリットにもなります。注文住宅の「自由度が高い」というメリットは、「すべてのものが決まるまで住まいは手に入らない」というデメリットと表裏一体です。
マイホームは高い買い物です。
時間をかけてでも自分のこだわりの家を建てたいのか、こだわりよりもスムーズさを取るのか、自分たちが満足のいくものを手に入れるためにも、どちらが自分に合っているのか、それぞれの特徴を理解した上で、何を重視するのか、家族全員で話し合って理想の住まいづくりができるようにしましょう。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE