住まいのコラム
COLUMN

注文住宅 吹き抜けのメリットとデメリット

近年、雑誌に出てくるようなオシャレで開放的な吹き抜けがある家をよく見かけるようになりました。しかし、「吹き抜けがある家へのあこがれや理想の生活スタイルがあるけれど実際にはよく分からない」「家を建てる計画があり、吹き抜けを作りたいと考えているので、吹き抜けのメリットとデメリットを知ったうえで前向きに検討したい。」と考える方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな吹き抜けについての疑問の解決方法や、理想の生活スタイルの実現に役立つ、“注文住宅の吹き抜けのメリットとデメリット”をご紹介します。


1. 吹き抜けとは

雑誌やインターネットで吹き抜けがある家の写真や映像をよく目にするものの、実際の生活スタイルが想像できない方もいらっしゃるかもしれません。そのためにも、まずは吹き抜けについて基本的なことを知りたいですよね。
ここでは、吹き抜けについて詳しくご紹介します。

1-1. そもそも吹き抜けとは何?

吹き抜けとは「1階から上階にわたって天井まで視界をさえぎる仕切りがなく、上下がつながっている空間のこと」をいいます。縦に空間があることで家の中に開放感が生まれます。

1-2. そもそも吹き抜けは何の為につくる?

家を建てる際に気になる、吹き抜けをつくる主な理由をご紹介します。

  • 天井を高くして開放感がほしい
  • 日当たりのよい家にしたい
  • 家族のコミュニケーションをとりやすい生活空間がほしい
  • 空気の自然循環を促し、風通しをよくしたい

このように吹き抜けを作る理由はさまざまですが、開放感や明るさを求める家にしたいという共通の希望があるようですね。
それでは、吹き抜けのメリットを具体的に見ていきましょう。

2. 吹き抜けのメリット

開放的な空間になる
1階から天井までを隔てるものがないため、おのずと天井が高くなり開放感が得られます。また、視界も広がって閉塞感がなくなり、部屋全体も広く感じられるため、家族で同じ空間を共有しながらゆったりと過ごすことができます。

日当たりがよく自然光の温もりを感じられる
吹き抜けをつくる際には壁となる部分に窓を設置することになり、日光をさえぎる天井や柱などがないためお部屋全体に豊かな自然光が入りやすくなります。その結果、日当たりがよくなり、太陽の温かみや季節のうつりかわりを感じることができます。
また、1階に日光があまり入ってこない立地でも、2階の高い位置に窓を設けることによって家の中全体に自然光を取り込むことができます。

家族のコミュニケーションがとりやすい
吹き抜けにすると生活音が伝わりやすくなるため、家族の居る場所や気配を感じることができます。また、吹き抜けになっているからこそ、2階にいる家族へも声をかけやすく、コミュニケーションがとりやすくなります。家族が顔を合わせる機会が増えるため、安心感や家族とのつながりを感じられます。

空気の循環がよくなる
間取りにもよりますが、吹き抜けにすると風を遮るものがないため、部屋全体の風通しがよくなります。空気は低い位置から上に流れる性質を待っています。その性質を生かして窓を効果的に設けることによって窓から出入りする風の自然循環がスムーズになり、爽やかな空間で快適に過ごすことができます。

3. 吹き抜けのデメリット

3-1.吹き抜けをつくることによってどのようなデメリットがある?

一概に全てがデメリットだといえないのが吹き抜けがある家の特徴なのですが、後悔しないためにもあえて吹き抜けのデメリットをご紹介します。

3-2.吹き抜けをつくることでの具体的なデメリット

生活音が筒抜けになる
吹き抜けにすることによって家族とのコミュニケーションがとりやすくなりますが、その反面、1階の生活音が家中に響きやすくなるため、静かに過ごすことができにくい場合があります。
吹き抜けを計画する際には、防音対策や日常の生活音についての話し合いを家族で行いましょう。

2階部分の床面積が減る
1階から天井までが吹き抜けとなるため2階部分の床面積はおのずと減ってしまいますが、あらかじめ収納スペースや子ども部屋の計画、プライベートスペースの有無などを家族とよく話し合いましょう。

空気が冷えやすい
空気の循環がよいということは、空気が動きやすくなるということです。しかし、これは必ずしもデメリットとはいえません。

  • 暖房器具を設置する位置を工夫する
  • 天井にシーリングファンを設置して空気を循環させる
  • 床暖房を取り入れる

このような工夫やアイデアをいかしながら、低い位置から上に向かっていく空気の動きを上手に利用して、暖かい空気をお部屋に広げましょう。

4. まとめ

吹き抜けの家はメリットがデメリットになりやすいかもしれません。しかし、日当たりがよい家にしたい、家族のコミュニケーションが取りやすい家にしたい、開放的でおしゃれな家にしたい・・・などの理想があるのであれば、吹き抜けのデメリットをメリットに変えることができます。
例えば、掃除などのメンテナンスの視点でいうと、見せない収納にする、窓は手が届きやすい位置にして掃除をしやすくするなどの工夫ができます。
冬場の暖房面でも、吹き抜けがある家は空気の循環がいいからこそ、空気の動きを利用しながらお部屋全体を温めることができます。
断熱材を使っている家ならなおさらお部屋の温度差は気にならないものです。
いずれにしても、吹き抜けのメリットとデメリットを知っておくことでますます快適な空間を演出し、吹き抜けを検討しやすくなるでしょう。
また、吹き抜けがある家を検討する際には家族同士の話し合いがとても重要になります。
吹き抜けのメリットとデメリットをよく理解し、少しでも興味を持った際には、サンオーホームのスタッフにお気軽にご相談くださいね。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE