住まいのコラム
COLUMN

子育てする部屋作り押さえておきたい3つのポイント

住環境は、子育て中のママにとっても大切なものです。よりよい住まいは、家事・育児の負担やストレスを軽減してくれたり、家族のコミュニケーションを深めてくれたり、子どもの成長を促してくれたりと、たくさんの魅力があります。今回は、子育てママが部屋作りで押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。


1. 子育てしやすい間取りとは?

子どもがいる家庭にとって、自宅の間取りは意識して考えたいものです。暮らしのさまざまな側面から、子育てしやすい間取りを考えてみましょう。

1-1. リビングが中心の家

住まいの中心となり、家族が集う場所、それがリビングです。食事や団らんのスペースとなるのはもちろんのこと、家族が別々の場所で過ごすときにも吹き抜けリビングなどで互いの気配や様子が感じられると、ママも子どもも安心できます。玄関と子ども部屋の間にリビングある間取りにすれば、学校から帰宅した子どもがまっすぐ自室にこもる心配もなく、「おかえり!」と顔を合わせて出迎えることができますよね。子どもは思春期になると、親と距離を置きたがる傾向にもあるので、親子が自然に顔を合わせられる間取りについても、子どもが小さいうちから考えておくとよいでしょう。

1-2. 子どもの居場所をリビングに

リビングには子どもの居場所もぜひ作ってあげましょう。小さな本棚と読むスペースを設けた「絵本コーナー」、お気に入りのおもちゃを集めた「遊び場」、ある程度の広さがある「ミニ運動スペース」など、子どもの好みや特性に応じて、さまざまに工夫するのも楽しいものです。ママは家事をしながら、リビングで過ごす子どもの様子を見ることができます。キッチンなど、家事スペースからよく見える場所に子どもの居場所を設けてあげると、より安心ですね。

1-3. リビング学習のススメ

子どもがリビングで宿題などに取り組む「リビング学習」も今やすっかり定着してきました。子どもにとっては、親の存在を近くに感じることで安心して学習に取り組めるほか、分からないことがあった場合などすぐに声掛けできるというメリットがあります。
リビング内に多目的カウンターなどがあると、子どもが「勉強したい!」と思ったときにすぐに取り組むことができ、食事準備などで片付けや中断をする必要もなくなるのでオススメです。子どもが勉強しやすい環境を整えてあげれば、学習の習慣付けにもつながるかもしれません。

1-4. 家族共有スペースを作ろう!

親子で調べものができる「パソコンスペース」、図鑑や小説など家族が好きな本がずらりと並ぶ「本棚」など、リビング内に共有スペースを設ければ、家族が自然と集まる機会も増えるでしょう。リビングに接する中庭やウッドデッキを活用してもよいですね。楽しい時間を一緒に過ごすことで、家族のコミュニケーションが深まることも期待できます。

2. 子どもの成長に対応できる家

子どもの成長は早いものです。家作りに際しては、幼少期だけでなく、子どもが成長した姿も思い描き、それに対応できる住まいについて考える必要があります。

2-1. 子どもの成長やライフスタイルの変化で間取りを変更

子どもが小さいうちは個室よりも、親子で一緒に寝るスペースや広々と遊べるプレイスペースなどが重宝します。一方、小学生から中学生くらいになると、自分の部屋を欲しがる子どもが増えてきます。そのため、間取りは子どもの成長やライフスタイルの変化に応じて、模様替えやアレンジがしやすいととても便利です。
例えば、子どもが小さいうちは寝室兼プレイルームとして2部屋分を広く活用し、子どもの年齢や成長に伴って、壁で2部屋に区切って独立した子ども部屋にするというアイデアがあります。壁の設置が難しくても、ドアや窓、コンセントなどをあらかじめ2部屋分配置しておけば、家具などで区切ることも可能です。フレキシブルに変更しやすい間取りであれば、子どもの独立後もコストをかけずにアレンジができますね。

2-2. 子どものプライバシーへの配慮

子どもの成長や個性はさまざまですが、一般的には思春期以降になると子どもは1人で過ごす時間が増えるようになり、プライベートな空間が必要になってきます。「家が狭い」「兄弟姉妹が多い」など、それぞれに事情はあるものですが、子どもにもプライバシーへの配慮は大切です。個室が難しいようであれば、カーテンやブラインド、ついたてなどでスペースを仕切ってあげるとよいでしょう。

2-3. 将来を見据えた家作り

毎日が忙しい子育てママにとっては、「今」がとても大切で、ついつい「今」に目が行きがちですが、実は「将来」に目を向けることも大切です。子どもとともに成長する家はどんな家ですか?子どもが独立したら、あなたはどのような暮らしがしたいですか?まだまだ先のことで、想像がつかないというママも、ぜひ具体的に考えてみてください。将来を見据えることで、あなたにとって暮らしやすい家のカタチが見えてくるはずです。

3. 子どもにとって安全な家とは…

子育てする部屋作りを考える上で欠かせないポイントがあります。それは、子どもの安全です。
子どもが健やかに安心して暮らすためには、安全という視点は切っても切り離せません。
ここでは、子どもにとって安全な家について考えてみましょう。

3-1. 実は多い家の中での子どもの事故

子どもをめぐる事故の報道が後を絶ちませんが、実は安全であるはずの家で起こる子どもの事故が多いことをご存知ですか?ドアや階段、浴室、リビング、キッチンなど、住宅設備を原因とする事故も少なくありません。過ごしやすい住まいも安全が大前提となります。大人にとって過ごしやすい空間が、子どもにとっても安全で過ごしやすい住まいであってほしいものです。

3-2. 子ども目線で安心安全を考える

家での事故をなくすためには、子どもの発達や特徴をよく理解した上で、子どもの目線で安全を考えることが大切です。元気に走り回る子どもにとって、段差は転びやすく危険です。折れ戸は指を挟む心配がありますし、火や刃物を扱うキッチンも要注意です。転落の危険性を考えると、ベランダや窓の周りには台になるような物は置かない方がよいでしょう。家の中にあふれる「危険」にしっかり目を向け、子どもの安全に最大限の配慮をしてください。

3. まとめ

子育てママの部屋作りのポイントはいかがでしたか?家作りを計画中のママはもちろん、現在の住まいをよりよくしたいと思っているママもぜひ、できるところから取り入れて見てくださいね。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE