住まいのコラム
COLUMN

快適な家事動線を考える時の3つのポイント!

家の間取りを考えるとき、頻繁に出てくるキーワードのひとつとして「家事動線」があります。家事動線とは、家事のために住宅内を移動する経路を指す言葉。この動線のつくり方を失敗すると、毎日繰り返す家事の効率が下がったり、不便を感じたりすることに。そこで今回は、ライフスタイルにあった快適な家事動線を考える時の3つのポイントをお伝えします。


1. 家事動線を考える前に

1-1. 「いつもの家事」を洗い出す

ひと言に家事動線、と言ってもその中身は家庭によって千差万別。
その家に住む人数や年齢、ライフスタイルによって、どの家事にどれだけの手間がかかるかが変わります。
そこでまずは、いつも行う主な家事の内容と、家族構成を踏まえた特徴を振り返ることからはじめましょう。

1-2. 家族に合った時短を家事動線で叶えるには

  • 家族の人数が多い
  • 乳幼児の育児中
  • ペットを飼っている

などの場合は洗濯の回数が増えがち。
その負担を減らすための家事動線のアイデアのひとつは“サンルームなどの洗濯物を干すスペースと洗濯機を隣の部屋に配置”すること。
水を吸った重い洗濯物を抱え、家の中を往復する必要が無い動線をつくることで家事の負担が軽減できます。
また、乾いた洗濯物を取り込んだ際も、畳んですぐにしまえるよう洗濯物を干すスペースの近くにタオルや下着の収納場所をつくるとさらに便利。

流れに沿ったスムーズな動きで毎日の負担を減らすために、まずは自分がどの家事に多くの労力を割いているのかを明らかにしましょう!

2. 重要ポイントは水回り!

2-1. “ながら家事”のできる家事動線を

洗濯以外にも、料理やお風呂のお掃除など水回りの家事は負担が大きいですよね。
洗面所と風呂場が隣接した間取りは一般的ですが、さらに家事動線をコンパクトにするために洗面所に出入り口を2ヵ所つくり、キッチンからも入れるように配置します。
こうすることで台所に立ちながらお風呂の様子を覗いたり、洗濯の片づけができたりと便利な“ながら家事”が可能になります。

2-2. 小さい子どものいる家庭には複数の出入り口

洗面所に2ヵ所から出入りできるようにすることは、身支度や食事の準備などで全員が家の中を動き回ることが多い、起床からの数時間に起こりがちな家族の混雑を緩和するのにも効果的です。
キッチンとは逆のドアから出入りすることで、高温の鍋や包丁などがせわしなく動く朝食準備の場を経由せずに移動できるようになり、安全面でもメリットが。
このような家事動線の工夫は、特に乳幼児や小学生など小さい子どものいる家庭での事故防止にもつながります!

2-3. 水回りの工夫はこんな事にも効果的

例えば来客のときなど、お客様が使うことの多いトイレや洗面所、小さな子どものいる家庭なら遊び場になる子ども部屋などから、びっしりと並んだ洗濯物や食料品のストックが詰まったパントリーが丸見え…という状況はやはり避けたいものですよね?
“洗濯物を干すスペースは来客が通る経路からは見えないようにする”
“パントリーはドアや引き戸を閉めればすぐに目隠しができる”
など、あらかじめお客様が通る経路を想定した動線を考えておくことが、慌てて洗濯物や室内を片づける余計な家事を増やさないコツのひとつと言えます。

来客があったとき、玄関からどのようにリビングやダイニングまでお通しするのか。お客様がくつろぐ部屋からトイレの使用音が聞こえないような工夫はできているか。急な来客にも気持ちよく対応できるためのポイントもまた、家事動線にヒントがあります。

3. 迷ったときは“回遊”をキーワードに

3-1. 回遊できる家事動線とは?

最初に述べたように、家庭のライフスタイルに合わせた家事動線はそれぞれの条件や環境によって異なります。
とはいえ、家事動線の検討に煮詰まったときには、ひとつのポイントである“回遊できるかどうか”を考えてみましょう。
回遊とはその名のとおり「ぐるっと回る」ことができること。
家事動線に回遊という要素を取り入れることで、室内をより最短で移動ができるようになり、より効率的に家事をこなすことができるようになります。

3-2. 家事動線で回遊を叶えるための便利な設備

回遊できる家事動線をつくるには、調理の作業スペースとなるコンロ台やシンクを独立して配置するアイランドキッチンや、買い物からの帰宅時に食品をしまってから室内に移動できるよう複数の出入り口を持つパントリーが便利です。

このような設備を使用することで、食卓テーブルの準備中にお鍋の様子を見たり、買い物の重い荷物をいったんキッチンまで持ち込むことなく片づけることができたりと、家事の途中に必要に応じ最短距離で作業をこなすことが可能になります。

「これから間取りを考える」
「シンプルで便利な家事動線の住まいをつくりたい」
という方はまず、家族が回遊しやすい住まいをイメージしながら計画を練っていくのがおすすめです。

4. まとめ

家事動線に優れた住まいをつくるにはまず

  • いまの家で困っていること
  • 新しい住まいで叶えたい理想の暮らしを想像すること

からスタートしましょう。

自分たちで間取りを考えることができるという機会は、ライフスタイルにあった家事動線を考え便利で心地よい暮らしを創造するチャンスでもあります。
また便利な家事動線をセールスポイントにしているモデルハウスを見学することもおすすめです。サンオーホームが提案する『収納じょうずなママの家』モデルハウスの便利なアイデアを見学し、勉強することでどんどん知識を蓄えて理想の住まいづくりに活かしていきましょう!

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE