住まいのコラム
COLUMN

階段下のデッドスペースを活用して収納力アップ!

階段のある家ならどの家にも“階段下のスペース”があるのではないでしょうか。
階段下のスペースは段差があって使いにくく、うっかりデッドスペースになりがちです。
しかし、アイディア次第では収納力がアップし、使い道がグンと広まります。
今回は、階段下のデッドスペースを有効活用する方法をお伝えします。


1. 階段下スペースってどんな場所?

最近では階段下のスペースがオープンになっている住宅が増えています。
リビングの中に階段を設置する、いわゆる“リビング階段”は、部屋が広く見える効果がありますが、階段下のスペースをどう使うかを悩む人もいるようです。

1-1. 扉の無いオープンスペース

モノを収納するための棚をあらかじめ設置している、パソコンスペースとして活用できるように配線を引いているなど、モノを収納する目的のスペースと、あえて用途を決めずにリビングの一角として楽しむスペースがあるようです。
例えば、小さな子どもがいるご家庭では、階段下のオープンスペースをおもちゃコーナーにする方法があります。
子どもは背が小さいので天井が低くても気になりませんし、階段下という隠れ家的要素が子どもの遊び心をくすぐります。

1-2. 扉付きの階段下収納

扉付きの階段下収納は、何と言っても見せたくないモノの収納に適しています。
使い勝手の悪さから、置き場に困っているモノや使用していない家電、また古新聞・古雑誌に段ボールというような、“とりあえず収納”になっていることが多いようです。

2. 階段下スペースの形状から収納を考える

階段下スペースと言ってもその形状は様々です。
扉の位置や大きさ、スペースの高さや奥行きによって収納方法は変わります。

2-1. 階段正面から出入りする収納

扉を開けると奥に行くにつれ天井が低くなるタイプです。
この場合は、奥のモノは腰をかがめないと取り出すことができないので、下手をするとモノの存在自体を忘れてしまう可能性があります。
奥のモノを取り出しやすくするためには、負荷がなくサッと取り出せることが重要です。
キャスター付きの収納ボックスやスチールラック、また衣装ケースなどの引き出しがおすすめです。
手前に引き出すことでモノが取り出しやすくなり、腰への負担も軽減されます。
奥に収納した際には、手前にモノを置かないように気を付けてください。
また、階段の段差部分も収納として活用できます。
突っ張り棒を1本取り付ければ、ちょっとした吊り下げ収納に、突っ張り棒を3~4本取り付ければ簡易棚になります。
手前のスペースに収納を設置するときは、両サイドに収納を設けるのではなく、左右のどちらか片方に寄せて収納します。
そうすることで、奥への動線を塞ぐことなく取り出せるようになります。
天井が段差で斜めになっている部分は特にデッドスペースになりがちです。
そこで、高さが選べるラックやカラーボックスを活用します。
カラーボックスを3段、2段、1段の順に並べるなどすると、上の空間も上まで無駄なく使うことが出来ます。

2-2. 階段横から出入りする収納

扉を開けると、右から左へ(または左から右へ)天井が低くなるタイプです。
たいてい、天井の高い方に棚が取り付けてあります。
左右のそれぞれにモノを収納するので、真ん中は空けておく必要があります。
天井の低い方を出し入れの少ないモノの収納にする、または、「階段正面から出入りする収納」のようにキャスター付きの収納や引き出しを使うなどすると良いでしょう。

真ん中の空いたスペースも無駄なく有効に使います。
壁面にフックを取り付けて細々した物を吊り下げて収納しましょう。

3. 場所から収納するモノを考える

階段下スペースが家のどこにあるのかによって、収納すべきものが変わってきます。
使う場所に使うモノを収納すると、探さずすぐに取り出せて効率的です。

3-1. 玄関の近くなら

玄関の近くは、外で使うモノや外へ持ち出すものなどを収納すると便利です。
ベビーカーや自転車用品、行楽用品、キャンプ用品、ゴルフバッグなど。
また、玄関に出しっぱなしにしたくない、古新聞や段ボール、また冬物のアウターの収納にも向いています。
トイレの近くならトイレットペーパーのストックを置いても良いでしょう。

3-2. リビングの近くなら

リビングに近い階段下収納は、リビング付近で使うモノが中心です。
扉付き収納ならお掃除道具や日用品のストックなどが一般的ですね。
その他にも工具や非常食、季節用品、書類、文房具など、リビングをスッキリさせたい場合は扉付き収納が重宝します。
扉の無いオープンスペースは、趣味を楽しむコーナーにおすすめです。
本棚を設置して図書コーナーに、机を設置してパソコンや家計簿付けなどをするワークスペースとして、またピアノや楽器、CDを設置して音楽コーナーにするなど、デッドスペースを活用することでいつもの暮らしが楽しくなります。

3-3. キッチンの近くなら

キッチンの近くは食材のストック置き場に適していますが、食材だけでなく、キッチンで使用頻度の低いアイテムも階段下に収納するのがおすすめです。
年に数回しか使わない調理器具や器、夏に使った保冷剤、お中元やお歳暮で頂いたモノなどは、キッチンの収納を圧迫します。
階段下収納と連携することで快適なキッチンが叶いますよ。
その他、防災のためにローリングストックしている保存食は食べながら備蓄するのが目的なので、キッチンの近くに収納して賞味期限切れを防止しましょう。

4. まとめ

今回は階段下のデッドスペースを活用する方法をお伝えしました。
使いにくいと嫌煙されがちな階段下収納ですが、取り出しやすい仕組みにすることでスペースを活かすことが出来ます。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE