住まいのコラム
COLUMN

衣替えが一気に楽になる整理収納3つのコツ

冬服から夏服へ、また夏服から冬服へなど、シーズンオフの衣類を収納し、オンシーズンの衣類を使いやすい位置へ移動することを「衣替え」と言います。毎年のこととはいえ、入れ替えの作業は面倒だなと感じてしまいます。もっと簡単にスムーズに、衣替えが出来たら嬉しいですよね?今回は、面倒な衣替えが一気に楽になる整理収納の3つのコツをお伝えします。


1. 分け方を変えてみる

洋服の分け方は人それぞれです。トップスとボトムス、長袖と半袖、夏と冬、普段着と仕事着、吊るす服とたたむ服、などでしょうか。
あるいは、分け方を決めていないという方もいらっしゃるかもしれません。
分け方を少し変えるだけで、衣類の入れ替えがグッと楽になります。
ここでは、色んなパターンの分け方をご紹介いたします。

1-1. シーズンで選ぶ

夏と冬、つまり半袖と長袖で分けるというのが一般的に多い分け方だと思います。
しかし、この場合“春”と“秋”という、“季節の変わり目”が抜けています。
実は、この“季節の変わり目”は、「何を着て良いかわからない。」という人が多いように、薄手の長袖が活躍するシーズンなのです。
この“季節の変わり目”に当たる“オールシーズン”という分け方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

1-2. シーンで選ぶ

シーン別というと、お出かけ用、冠婚葬祭などはよくある分け方ですね。
ここではさらに、習慣や行動に合わせて分けてみましょう。
少しくたびれたTシャツを捨てずに部屋着として着用する場合、このTシャツはお出かけの時に着ることはありません。
この場合は、“部屋着”という分け方でまとめると、お出かけ用の服、部屋着が各々どれくらいあるのか確認がしやすくなりますね。
また、これは雪の多い地域になりますが、冬に除雪用や雪遊び用の手袋や防寒着を用意するご家庭が多いです。
お出かけ用の防寒着と分けておけば、雪の降り初めには出番のない除雪グッズや雪遊びグッズまで、わざわざ取り出すこともなくなります。
このように、○○の時だけ着る服は、その時だけしか使わないケースが多いので、○○用として分けるのがオススメです。

1-3. 長さで選ぶ

吊り下げ収納の場合、丈の長い衣類は一か所に集めた方が効率的です。
丈の短い衣類と長い衣類が入り混じっていると、下の空間を活かすことが出来ません。
季節を問わず丈の長い衣類を片方に寄せて位置を決め、丈の短い衣類の下には引き出し式の収納ケースを入れて空間を活用しましょう。

2. 収納用品選びの工夫

衣類の素材や形、大きさに合わせて収納用品を選ぶことはとても大切です。
出し入れしやすい収納にすることで、衣替えが楽々スムーズになります。

2-1. 収納ケースはシリーズで統一

き出し式の収納ケースを選ぶときは、同じシリーズで揃えることがポイント。
同じメーカーで揃えることで、引き出しごと入れ替えれば衣替えが終了します。
(引き出しが取り出せるタイプに限ります)
Fit’s(フィッツ)ケースはサイズが豊富で頑丈ですし、無印良品の衣装ケースはシンプルで引き出しやすく、どちらも買い足しやすいのでおススメです。
衣装ケースは、1段タイプと多段タイプがありますが、1段タイプの方が自由に組み合わせることができて応用が利きます。
また、天袋にはフタの付いた軽い布製のソフトボックスを使います。
こちらも同じシリーズで統一することで、入れ替えがスムーズになります。

2-2. 高さと奥行きを生かした収納

衣装ケースには主に3タイプの深さがあります。
いちばん浅い18cm、中くらいの23cm、いちばん深い30cmがありますが、いちばん使いやすく汎用性がある深さは中くらいの23cmです。
下着や靴下など小さなものは浅い18cmを、厚手のセーターやパーカー、ジーンズなどは深い30cmを選ぶとスムーズに取り出すことが出来ますよ。
また、奥行きが深い衣装ケースを選ぶと、奥の衣類が取り出しにくく埋もれてしまう事があります。手前の服ばかりを着てしまうようなら、奥行きの浅い収納ケースを選ぶと良いですね。
さらに、キャスターをつけると衣替えもしやすくなります。

2-3. たたむ収納、吊るす収納のポイント

たたむ収納は手間がかかりますがたくさんの衣類を収納できるメリットがありますね。
ポイントは衣類を立てる事、輪になった部分が上になるように収納します。
上から見ると、中の衣類全体がひと目で見渡せますから、衣替えにも役立ちます。
たたむのは面倒だ!という方には吊るす収納がおススメです。
収納力は少し落ちますが、入れ替えが楽なのが嬉しいですね。
吊るす際は、分けた衣類が混ざらないように目印を付けます。
目印に太めの洗濯バサミをハンガーの境目につけると良いですよ。

3. 袋分けで入れ替えが楽になる

衣替えの際に探し物をしていませんか?
細かいアイテムほど迷子になりやすいものです。
袋分けで「確かこの辺にあったはず」から卒業しましょう。

3-1. アイテムに合わせて袋を選ぶ

シーズンオフの衣類をしまう際には、細かいアイテムを“袋分け”で収納しましょう。
“袋分け”に向いている衣類は、手袋や帽子などの冬小物、スポーツ用小物、水着、ユニフォーム、子どもの衣類などで、人別に分けておきます。
使用する袋は、トラベル用の衣類袋や洗濯ネットがオススメです。
通気性も良く外から見ても中身が確認できますよ。
袋のほか、不織布の仕切りケースや紙袋なども袋分け的に使うことが出来ます。

3-2. タグツールで迷子にならない

“袋分け”をしたならば、その袋にタグ(=ラベル)を付けましょう。
ファスナーの持ち手部分に、袋の中身を示したタグを付けます。
タグは、手荷物用タグやキーホルダー用タグなどが使いやすいサイズで、100円ショップで手に入れることが出来ます。
タグは、ラベルを貼りにくい布製のソフトボックスにもつけることが出来ます。
持ち手の部分にタグをくくりつければ、管理がしやすくなりますね。
また、衣装ケースの中を不織布の仕切りケースや紙袋で仕切っている場合は、タグ代わりにダブルクリップを使う方法もあります。
(画像は100円ショップセリアで購入したインデックス付きダブルクリップ)

4. まとめ

いかがでしたか?衣替えが一気に楽になる整理収納3つのコツについてお伝えしました。
ご自分に合った収納方法を知ることも大切ですが、まず収納ケースを買う前に、「どのくらい衣類を持っているのか?」を把握しましょう。
何年も来ていない服には理由があります。
自分に似合う服を見極めて、着まわせる量の衣類を持つことも大事です。
その上で、ぜひご自分の生活スタイルに合った方法を取り入れてみてください。

関連記事

  • 実例紹介をみる
  • モデルハウスに行く
  • カタログをもらう
  • モデルハウス見学会
  • STAFF BLOG
  • 楽しい家づくりのコツ教えます。
  • FACEBOOK
  • LINE